白箱の家(White BOX House)

建物概要

プロジェクト名称
白箱の家
建物用途
専用住宅
所在地
北海道札幌市
竣工年
2016年
延床面積
111㎡
撮影
寺島 博美
撮影
水上 ゴロウ
撮影
古瀬 桂
掲載雑誌
Replan北海道vol.117 2017 夏秋号 「北の建築家」コーナー

札幌市内の閑静な住宅街にある「白箱の家」は、設計者のアトリエ併設の自邸である。 ほぼスクエアーの敷地に対してスクエアーの白いBOXを形成した。 ファサードは奇抜にならないよう、古い街並みにそっと溶け込むように配慮した。 敷地に隣接した公園を借景にして、札幌市内の山々を一望できるように階段に沿って開口部を設けたのが特徴である。 風の抜けを意識した開口部からは、気持ちのいい風が通ることも期待している。 「ホワイエ」と名付けたリビング空間は、狭いながらも各部位より床レベルを下げることにより、7m近くある天井高さを確保し、吹き抜け空間や造作サッシの大開口から差し込む柔らかい自然光、公園の木々や遠くの山々の景色が望むことができる。 家族の気配を感じ、家族がくつろげるいごこちのいい空間とした。 また各個室空間は、それぞれの個性を生かして、素材やテイストを変えて表現したのも特徴的である。 四季を通じてどのように変化していくのか、これからが楽しみである。

WORKS実績